コラム
海外進出

日本を飛び出して海外で働くには? -体験記!-

日本を飛び出して海外で働くには?

色々、下記に書いていますが、私は勢いだけで海外で働き始めてしまいました。
そのため七転八倒、紆余曲折を経て今に至ります。
賢明な皆様に少しでも情報を提供出来たらいいなと思います。

 

海外で働く事で重要な事!

海外で働くために最も必要なのは「タフな心身」「いつまでも忘れない好奇心」を持ち続ける事だと思っています。

日本の価値観だけで生きてきた人にとっては、まず常識が通じないことに、グーパンチされます。
例えば「電車は時間通りに来るのが当たり前」や「目上の人には敬意を払う」など、それらを潜在意識のレベルで刷り込まれている人は、その国の彼らの常識を受け入れる心の余裕が必要です。

驚くことに「嘘をつく」「挨拶しない」「謝らない」など、小学校1年生でも先生に諫められるような事でさえも、国によってはオッケーな場合があります。
最初は裏切られたと人間不信になる人もいますが、それも含めて海外で働くという事です。
特に長期だとしても旅行では決して得られない感覚になると思います。

 

・価値観の違い

日本人は真面目な人が多く、特に仕事となると責任感がとても強くなるので、仕事に対する考え方の違いが顕著になりぶつかる事が多くあります。

そしてそういう人ほど悲しいかな心が疲弊してしまいます。

簡単に言ってしまうと価値観が違うのです。
仕事に対して情熱を持つことが理解できない国の人も多くいます。
単純に「そんなのおかしい!対価をもらっているのに!」と思って、腹を立ててもいいのですが、

例えばその対価自体が不当に安すぎたら?または支払い遅延が頻繁だっら?

そういった事が往々にある国だと真面目に働くことがばからしいという価値観が根付く国もあるかもしれません。
真面目に働かないというその現象だけを見てレッテルを張らずに、必ずその裏側にある理由も理解しましょう。
そして理由が分かれば出来れば許しましょう。たまーに信じられないほど嫌な人もいますが、その場合は上手に距離を置くのが賢明です!

 

・海外での健康管理や保険

次に大事なことは健康の維持。持病がないことが前提ですが、特に虫歯は直してから行ったほうがいいですよ。
そして疾病保険には必ず入ってください。
何があるか誰にも分かりません。
日本と同様に気軽に病院へ行くと大変な額を請求されることがあるので要注意です。
日本の薬や医療程素晴らしいものはありません。

 

・好奇心の維持

最後に好奇心はいつまでも持ち続けてくださいね。
当たり前のことですが、その国には歴史や文化などの背景が必ずあります。
その国を調査する学者になった気持ちで、なぜ?どうして?といつも考えるようにすると心が軽やかになります。
そこには必ずたくさんの学びがあるので、理解が深まればその国に対してより愛着が湧くと思います。
せっかく日本を飛び出して、海外に働きに来ているのでその国の観光ガイドになったつもりで、政治・経済・歴史・エンタメなんでもいいので興味を持ちましょう。

逆に日本に関する質問を受ける事も多くなるので、海外に出てから日本を深く知りたくなる人も多いですね。
好奇心を持ち続ければ常に新しいフレッシュな気持ちでその国を見る事が出来ます。
一度分かったつもりでも、さらに違う一面や全く異なる見解がある事もあります。