コラム

ウグイス嬢改めウグイスさんのお仕事とは?

ウグイス嬢改めウグイスさんのお仕事とは?

 

ウグイスさんの仕事は明るく元気な声でメッセージを伝え、多くの人の心を惹きつける仕事です。
主には司会やナレーターなどで、具体的には選挙カーやスポーツイベントなどで活躍しています。

今回はプロ野球で活躍するウグイスさんのお仕事を紹介します。

 

プロ野球ウグイスさんの仕事

プロ野球の試合でなくてはならないもののひとつが、ウグイスさんと呼ばれる球場内のアナウンスを行う仕事。
球団によって外注に出ししているところや、職員が対応しているところなど雇用形態は違います。

ここでは、球団職員がウグイスさんを担当しているケースを紹介します。

 

ウグイスさんの一日はランチ直後からはじまる

ウグイスさんの一日は、ランチ直後の打ち合わせから始まります。
当日の試合やイベントの内容とアナウンス原稿に目を通します。
ここで、1,000本安打など試合を行う両チームで当日記録樹立の可能性があるものがある場合は、事前に告知してアナウンスができるようにしておきます。

原稿には、すべての漢字にふりがなが打たれています。
比較的わかりやすい「日本」という漢字でも「にほん」と「にっぽん」では違いますし、スポンサー名の場合などは、細心の注意を払います。
また、文章は長くなると、聞いている人が耳を向けなくなるため、なるべく短くしています。
さらに、相手チームの外国人選手は言いにくい名前もあり、噛まないよう発声練習を入念に行うよう注意しています。

 

試合中ウグイスさんも戦っている

ウグイスさんは、ナイターの場合、18時ごろから22時まで試合がありますので、席を離れることができません。
夕食は試合前に済ませ、試合中トイレに行きたくなった場合は、たとえイニング間であっても控えのウグイスさんが到着するまでは、トイレにも立てません。
なぜなら、ウグイスさんのコールが試合進行に不可欠だからです。

ウグイスさんの試合中の過ごし方は、グラウンドすべてが見渡せるネット裏にブースがある場合が多く、その中でウグイスさんとディレクターが進行を見守っています。
これは、ウグイスさん一人だけでは進行を見落とすことがあるためです。

 

ウグイスさんは解説者レベル

ウグイスさんは、試合展開をじっと毎試合一番近いところで見ていますので、代打や投手交代の雰囲気がわかる特技を身につけることができます。
慣れてくるとスコアブックを付けながら場内アナウンスを行うウグイスさんもいます。
想定外のタイミングで交代すると、ケガなどのアクシデントの匂いをベンチのそばなので感じることもできます。

 

泣くよウグイス

ウグイスさんですが、試合中一番困るのが選手交代です。
中でも試合の終盤にある守備固めなどの選手交代では、投手野手含めて複数の選手が絡んできますので、ウグイスさんのブース内は、一番混乱します。
選手交代の指示は、プレートアンパイア(球審)から来ますが、すべて丁寧に指示をしてくれる
審判ばかりでもなく、指さしで「あいつがあそこ、あいつがここ」のような指示を伝える審判も多く短時間に解読する技術が必要となります。
自分のチームなら顔や守備位置で選手名をおよそ判断ができますが、相手チームは背番号だけが頼りなのでウグイス泣かせです。

このように、プロ野球の試合を進行するのに欠かせないウグイスさんの仕事もある意味プロ意識がないと務まらないものです。
ウグイスさんの声をメインに試合を見てみると、また違った楽しみ方ができますよ!